フラワーリフォーム|Flower Reform


古くなって形が崩れたり、埃をかぶって汚れてしまった、造花(アートフラワー)のアレンジ・・・

そんな見栄えの悪くなった造花のアレンジを、

きれいにクリーニング(洗浄)・リフォーム(形の修正)いたします♪

大切なお手持ちのアレンジを有効活用して、 気分一新、

飾られたスペースを見違えるような空間に変えてみませんか!


リフォームできるお花の種類は?

 

●造花・アートフラワー
もともとの材料をそのまま利用して、すべて分解・クリーニング(手洗い洗浄)してから型崩れを修正。お花はもとろん、花器も洗浄・補修しますので、とっても清潔です。お花を留めるための仕掛けも新たに作りかえる上、経年変化で形が変わったお花も、すべてフローリスト(生花店)の経験をもとに形を修正してから、最高のデザイン技術で再アレンジいたします。
(アートフラワーとは主にポリエステルで作られたお花で、茎の部分にはワイヤーなどが入っているものです。シルクフラワーや、俗に造花と呼ばれるものと同じとお考えください)

●プリザーブドフラワー
プリザーブドフラワーは生花を加工して作られていますので、時間がたつと湿度を吸収して形が崩れたり、紫外線のためにどんどん色褪せしてしまう消耗品です。そこでリフォームの際はすべて新しい素材に交換して、当初のデザインをできるだけ正確に再現します。そのため花材の費用が別途かかりますが、プリザーブドのアレンジは高価な花器を使用している場合が多く、傷まない花器やオーナメントをクリーニングして再使用すれば、新品に交換するよりかなりのコストダウンが可能となります。当初のデザインを再現するほか、新しいデザインへの変更ももちろんOK。雰囲気を変えてみたり、更なるコストダウンを図ることもできてしまいます。

●造花のブライダルブーケ
ブライダルブーケは造花といってもほとんどが手作りで作られたお花を使用して作られています。これらのお花は製作時に糊を使っているうえに、花びらなどを立体的にするために型押しをして作られています。そのため水をかけますと糊がはがれ型押しもなくなってしまいますので、水洗いで洗浄することができません!そのため糊が変色していたり色褪せして変色しているなどの場合でも、白くすることができないということになります。
その場合にはできるだけ状態のいいものだけを選別して使うということになります。アイロンがけや糊がけなどの特殊な作業をすることもありますが、基本的には型崩れの修正のみで作業します。どうしても色が気になる場合には、既製品の造花を使用して、全体を白色化あるいはよりきれいに見えるようにします。
全体の7割以上の方が追加花材を使用して色をきれいにしています。またデザインも今風に変更する方が多いです。

パンフラワー・ドライフラワー・手作りのアートフラワーなど、当サービスで対応できない種類のお花もございます。
そのため、受付前に必ずお写真を送っていただき、作業の可否を確認させていただいております。

 

本当にきれいになるの??

造花はなかなか掃除のしにくいものですね。生花ならすぐに捨ててしまうのでわからないのですが、長年飾っているシルクやプリザのお花は驚くほど汚れています。普通のホコリやタバコのヤニなどが付着し、色が冴えないものになっています。見ためが綺麗でないばかりでなく、不衛生になってしまってはいけませんよね・・・

 

●クリーニングの様子

造花ブーケのリメイク

キャスケード1

定番のカトレアとバラの純白キャスケード。

追加花材はデンファレ・ビバーナム・グリーン。今風のお花ぎっしりのデザインです。

キャスケード2

もともとのお花の美しさをいかしたキャスケード。追加花材はデンファレ・ビバーナム・グリーン。空間を活かして上品にまとめました。

キャスケード3
カトレアと小花のキャスケード。もともとのお花がたくさんあったので追加花材はグリーンと少しの小花。元のリボンも再利用しています。

キャスケード4
シャンパンカラーの胡蝶蘭がメインのショートキャスケード。元は長いキャスケードでしたがデザインを変更。追加花材は胡蝶蘭に合わせた色目で、バラ、アジサイ、ステファノチスなど。

キャスケード5
大小2種類のカトレアがメインのキャスケード。元のスマイラックスをかわいく下に垂らしてオリジナルイメージを残しています。追加花材は、バラ、ステファノチスなど。



キャスケード1
定番のカトレアとバラの純白キャスケード。
追加花材はデンファレ・ビバーナム・グリーン。今風のお花ぎっしりのデザインです。

 

キャスケード2
もともとのお花の美しさをいかしたキャスケード。追加花材はデンファレ・ビバーナム・グリーン。空間を活かして上品にまとめました。

 

キャスケード3
カトレアと小花のキャスケード。もともとのお花がたくさんあったので追加花材はグリーンと少しの小花。元のリボンも再利用しています。

キャスケード4
シャンパンカラーの胡蝶蘭がメインのショートキャスケード。元は長いキャスケードでしたがデザインを変更。追加花材は胡蝶蘭に合わせた色目で、バラ、アジサイ、ステファノチスなど。

キャスケード5
大小2種類のカトレアがメインのキャスケード。元のスマイラックスをかわいく下に垂らしてオリジナルイメージを残しています。追加花材は、バラ、ステファノチスなど。